僕が20代前半の頃、加圧トレーニングブームが来てました確か。

それがきっかけで、加圧シャツを買ったんですよね。

PHOENIX(フェニックス)というメーカーのKAATS(カーツ)というモノ。

(クローゼット内を断捨離してたら出てきたw)

 

袖のところについてるベルトをグーッと巻きつけてマジックテープで固定します。

そうすると加圧状態の出来上がり。

 

加圧シャツの効果は?

「加圧して筋トレして加圧状態を解除することで、成長ホルモンの分泌を促進する」

という触れ込みで当時、試してみた気がします。

 

実際に試してみると、加圧状態で筋トレ(自重)すると早い段階でキツくなります。

そのまま続けると、「腕がああぁぁぁあ!脚がぁぁぁああ!」という感覚になります。

 

低周波治療器で筋肉がキューッとなる感覚と同じです。

まあそんな感じで当時はカーツを着て自重トレーニングに励んでいたわけです。

 

当時は身長179cmで体重は60kgくらいだったと思いますが、そこそこ筋肉質でした。

ガタイで言ったら、ウェイトトレーニングしている今の方ががっちりしてますが、

加圧の成長ホルモン促進みたいな効果はあったんじゃないかと感じますね。

なんでかというと、腹筋は今よりも遥かに強かったですから!

(その頃、ブルース・リーに憧れて筋トレをしていたw)

 

最近の加圧シャツってどうなの?

↑で紹介したカーツという加圧シャツは、10年以上前に買ったものです。

 

10年以上経過して加圧シャツが、どう進化したのか?

っていうのはとても気になりました。

金剛筋シャツの効果ってどうなの?口コミを調査