消化に必要なエネルギーがヤバい からの 一日一食健康法は危険?

と、食事の回数に関して、色々と考えさせられ、思うところがありまして。

 

ここ数週間、試してみて一日一食と一日二食のハイブリッドがちょうどいいかな。

という所で落ち着きつつあります。

※筋トレの次の日ってメッチャお腹減るので二食にしています。

 

朝食は食べない派

基本的に朝食は摂りません。

色んな本とか読んでも、「朝は排泄の時間だから食べる時ではない」的なことが多いです。

 

なので、基本的に食べずに「プロテイン飲む」「水やお茶を飲む」にとどめています。

そして、昼は普通に食べる。

夜は食べたり、スープ系で済ませたりする感じにしています。

 

エネルギー切れにはならない

この生活でもウェイトトレーニングは問題なくできます。

エネルギー切れになるかな~?って思っていましたが、意外とそんなことはありません。

 

それまでバルクアップと称してジャンクなフードなんかも結構食べてまして、

それによってついた腹回りのお肉も燃焼されてきております。笑

 

今大体、73kgくらい。(ストンと2kg落ちた)

 

消化用のエネルギーが節約できるのがデカイ

食事の回数を減らすことで、一食一食へのありがたみや意識が高まるのが大きな変化。

せっかくの食事だし、腹はペコペコなわけですから、

コンビニ弁当だったりジャンクフードなんて選択肢は浮上しません。

 

噛む回数も自ずと増えるので腹八分以下にしやすいのも良い変化です。

 

すると消化に使うエネルギーが別で使われるので、

活動量が増えたり、集中力がアップしたりするという本来の狙いも効果を発揮してます。

 

 

今、考えているのは、”一食あたりの食事の質を出来るだけ高める”ということ。

悪いものは避けて、良いものを取り入れたいという健康意識の高まりに

自分自身驚いています。笑