色んなプロテインを試してみています。

大豆(ソイ)プロテインの感想

加水分解ホエイプロテイン(ホエイペプチド)を飲んでみた感想

エンドウ豆(ピー)プロテイン飲んでみた感想

 

そして今回は、玄米から作られたライスプロテインという種類。

お米は、日本人の生活には馴染み深いものということもあり、タンパク質もお米から摂るのは体にあっているのでは?

と、前々から気になってはいたのですが、遂に実食の時が来ました。

玄米(ライス)プロテイン飲んだ感想

粉の感じは?

ピープロテイン同様、粉全体はしっとりと重たい感じだけど、粒子が細かいのでよく舞う。

扱いづらいです。笑

溶けやすさは?

溶けやすいです。ダマにもならないし泡立ちもそこまで強くないです。

味は?

鼻に抜ける独特の風味があり、最初は「うーん。」と首を傾げてしまいます。

形容し難いけど、言うなれば「漢方薬」みたいな感じかなあ。

 

飲めないレベルではないです。

独特の風味も気にならなくなるほどに慣れるまでは、グッと一気に飲み干すのが良さそう。

 

玄米(ライス)プロテインの巷の評判

玄米プロテインは、プロテインとしてはマイナーなのでホエイプロテインほど情報はありませんね~。

玄米プロテインのメリットは?

個人的には、魅力的なメリットです。

胃腸に優しい

これが、玄米プロテインの強みのようです。

色んなプロテインを試した結果、これに行き着く人も割といるようですね。

 

プロテイン摂取を食事と考えると、胃腸への負担の少なさはかなり強力なメリットになります。

 

動物性タンパク質よりも、腸内で腐敗しにくいのか?は分かりませんが、オナラのニオイが気にならなくなったという口コミもあります。

腸内環境ってかなり大事ですからね。

 

玄米プロテインを飲み始めて、お通じが確実に良くなりました。

 

玄米プロテインのデメリットは?

当然、デメリットもあります。

味があまり美味しくない

ノンフレーバーの場合、正直おいしくないです。

「味を求めず、栄養摂取のみの目的で飲む」と割り切った方がいいですね。

 

マイプロテインの場合、ノンフレーバーしかありません。

その他のライスプロテインだったら味付きのものもあります。

 

国産が無い、国内で全然売ってない

国産のライスプロテインは見つけられませんでした。

大豆プロテインは結構ありますが、その他の植物性プロテインって国産が無いんですよね。

 

プロテイン市場が狭いからなのかも知れません。

 

アミノ酸スコアは低い?

詳細なアミノ酸スコアは分かりませんが、消化性必須アミノ酸スコアは0.37(ホエイは、0.97)だそう。かなり低いですね。

成分

マイプロテインで買った玄米プロテインの30gあたりのカロリーとマクロ栄養素は、

  • エネルギー:127kcal
  • タンパク質:23.4g
  • 脂質:0.6g
  • 炭水化物:5.7g (食物繊維量は不明)

 

タンパク質含有率は78%で、悪くないです。

脂質は、ホエイプロテインに比べてかなり低いです。(ホエイだと30gで2gくらい)

お米だけあって、炭水化物含有は多め。

 

筋肉作りには適している?

吸収効率とかアミノ酸スコアを考えると、筋肉作りのためのタンパク質として最適とは言いづらいです。

日常のタンパク質補給源としては、かなり優秀だと思いますね!

 

筋肉のためのタンパク質補給よりは、朝食や間食として摂るのがよさそうです。