筋肉は部位によって、適した鍛え方があるとされています。 軽めの重量で高回数(例えば、30回出来るくらいの重さで限界まで) 高重量で少ない回数(重量のMAXチャレンジなど)   これら↑を、それぞれの筋肉の種類(・・・