僕は昔から胃下垂で、食後には下っ腹がポッコリと出てしまっていました。

  • 体質が原因なのか?
  • 筋肉が足りないのが原因なのか?

今ひとつピンとこないまま、「筋トレしてれば改善するかもなぁ」くらいの希望的観測でいました。

 

普通の筋トレでは胃下垂にあまり効果的ではありませんでした。

しかし、ドローインをやりだしてから胃下垂が徐々に改善されてきたんです。

 

ドローインが胃下垂に効果があるワケ

ドローインは、『お腹をグーーっと凹ませて、そのまましばらくキープする』運動です。

(キープ時間は、30秒くらいからが推奨されています。僕は徐々に増やして、1分~2分。)

 

お腹をグーッと凹ませた状態を維持するわけですから、”お腹凹ませ筋”が鍛えられないわけがありません!!

この”お腹凹ませ筋”が弱々しくてダルダル状態なので、胃が下に落ちて、下っ腹ポッコリになっていたんです。

 

胃下垂の改善は腹横筋がカギ

”お腹凹ませ筋”の正体は、腹横筋(ふくおうきん)という腹筋のひとつです。

6つに割れてるいわゆる腹筋は、腹直筋(ふくちょくきん)です。

 

腹横筋は、腹直筋の奥にあります。俗にいうインナーマッスルです。

お腹周りの筋肉の中では、一番深いところにあるのだそう。

内臓をグッと支えるように付いていて、「お腹を凹ませる動き=腹横筋を動かしている」んです。

 

ドローインは腹横筋を鍛えることが出来る

ドローインは、お腹を凹ませた状態をキープする運動ですから、いわば腹横筋の筋トレです。

腹横筋は、お腹周りの深いところに付いていて内臓を支える働きがあるので、「そこを鍛えるんだから内臓の下垂に効果がないわけがない!」って思いますよね。

 

胃下垂に効くドローインのやり方

ドローインは、腹横筋の筋トレです。

 

筋トレで大事なことは、

  • 正しい方法(ムリのない方法)で行う。
  • 続ける。

この2点です!

 

  1. 背筋をまっすぐに伸ばす。
  2. お腹をグッと凹ませる。
  3. 息を吸うときに凹ませ、吐くときにも凹ませる。
  4. 30秒~60秒を毎日続ける。

 

ドローインについて調べて、実践してみた上での正しくムリのない方法です。

 

胃下垂改善ドローインの注意点

僕が特に気をつけているのは、

  • 息を吸うときは鼻から、吐くときは口から
  • 肩が力まないように注意
  • 思い立ったときにやる

このあたりです。

 

難しいことは特にないので、とにかく毎日続けることが大事ですね!

今は弱い腹横筋も毎日じわじわ鍛えていたら、強く洗練され、頼もしく内臓をしっかり支えてくれるようになります。

 

ドローインを毎日続けて、胃下垂を治そう!