最近ずっとレッグプレスばっかりだったまーくんです。こんにちは!

そして久々にバーベルスクワットをしたら歩くのも一苦労な筋肉痛に見舞われているなう。

 

このブログでは、事あるごとに脚の筋トレは大事!と言っています。

その事実は揺るぎないし、今後も脚の筋トレは絶対に続けていこうと思っています。

 

 

脚の筋肉を鍛える定番の種目に、「スクワット」と「レッグプレス」があります。

バーベルスクワット

バーベルスクワットとレッグプレス、どっちが効果ある?

個人的にこれは気になっていたんです。

 

バーベルスクワットもレッグプレスも

脚の筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングス)とお尻の筋肉(大殿筋)

に、ガッツリ効きます!

 

脚トレで得られる結果

  • 脚がスラっとして見える
  • お尻がキュッと引き締まる
  • スタミナが格段に向上する
  • 階段で息切れしなくなる

 

 

レッグプレスの場合、大腿四頭筋・ハムストリングス・大殿筋を効率的に鍛えるためのマシントレーニングです。

逆に言えば、そこにしか効かせられない。ってことです。

 

それに比べ、バーベルスクワットは脚だけでなく、腰周りや腹筋なんかにも効きます。

重たいバーベルを支えつつ、スクワットっていう動作が体幹に効くんですよね。

 

どっちを優先するのがいいの?

「脚の筋肉を鍛える」って目的なら、効率的なのは、レッグプレスです。

ただ、トレーニングとして理にかなってるのは、バーベルスクワットだと個人的には思っています。

 

スクワットって体を重力に逆らって上に運ぶ運動です。

レッグプレスは、脚で重りを押す運動。

 

人間の動きとして自然なのはスクワットの方だと思いません?

単純に体を重力に逆らわせる力がアップするのでスポーツ能力を高くしたいならスクワットのほうが向いてると感じます。

 

ただ!

バーベルスクワット、めちゃくちゃキツイ!

 

レッグプレスももちろんキツイんだけど、バーベルスクワットの場合足以外の筋肉も使うから体力の消耗が激しいんです。

脚が筋肉痛なのもツライし。

でもそれを良しと出来るだけのメリットがあるんですよね。

 

 

バーベルスクワットできる環境にない。。。

個人的にはバーベルスクワット推しです。

というか両方やります!笑

 

ただ、バーベルスクワットが出来ない環境もあったりするわけで、

そうなるとレッグプレス一択なんです。

 

結論から言うとレッグプレスだけでも全然OK。

フツーに脚の筋肉強くなってきます。キツイけど。笑

 

あと、脚の筋トレはキツイからマシンが空いてる率も高いです。笑

 

 

自宅トレの場合はブルガリアンスクワット!

自宅でスクワットやり続けると、足の筋肉が強くなって効かせにくくなってきます。

それだけ筋肉が成長している証拠なので喜ばしいことなんですが、回数が増えると気分的に重い。

っていう経緯があって、市営ジムに行きだしたんです。

 

もろもろ都合がよくなくてジムじゃなくて自宅でやりたい場合。

オススメなのがブルガリアンスクワット!

 

ブルガリアンスクワットは、

「片足を後ろの台に乗せて、もう片方でスクワットする」という方法です。

バランス取るのが難しいですけど、めちゃくちゃ効きます。

 

なので脚だけ鍛えて基礎代謝あげあげ~って場合は、

自宅でスクワットをせっせとやるのがオススメ!

 

それで負荷が足りなくなってきたなーってタイミングで

ブルガリアンスクワットを導入すればスムーズです。

 

自宅で最初に始めるのにオススメ!→ 30日スクワットチャレンジのやり方と効果