懸垂が出来なくても筋トレになる方法がめちゃ効く!


これをやってから、1週間くらい筋肉痛の痛みがありました。笑

それだけネガティブトレーニングは負荷が強いということですよね。

 

筋肉痛と書きましたが、この痛みは神経系に効いてる痛みだと思います。

腹筋ローラーも神経系に効く

1年前くらいに腹筋ローラーを初めてやったときも1週間くらい痛みがあったんです。

当時の記事 → 腹筋ローラーがマジでヤバイ件

 

腹直筋は回復が早い筋肉なので3日くらいで治りましたが、

上腕三頭筋のあたりが痛くて、色々調べたら神経系に効いてるからっぽい情報を入手。

 

当時、ネガティブトレーニングなんて言葉は知りませんでしたが、

今になって思うと、腹筋ローラーの伸ばしていく動きはネガティブですよね!

 

ネガティブトレーニングは高負荷を扱えるから効く

ネガティブトレーニングについて調べてみると、

  • ポジティブよりも30%増の重量を扱える
  • 筋肉が傷みやすい、負荷が蓄積しやすい
  • 中枢神経系に負担が大きくかかるので、回復に時間がかかる

などの特徴があります。

 

日々の筋トレに違った刺激を入れる目的で取り入れられることも多いようです。

 

長引く痛みは最初のみ

これは個人的な感想なんですが、

最初に味わう1週間くらいの長い筋肉痛は毎回起こるわけではないです。

 

神経系が損傷→回復することで、以前よりもだいぶ発達し強くなります。

なので、数週間くらい期間が空いても神経系の痛みは出たことはありません。

 

さすがに年レベルで期間が空いてしまうと分かりません。

 

ネガティブトレーニングは控えめが肝心!

腹筋ローラーもネガティブ懸垂も最初から5~6セットやってしまったので、

1週間くらい続く痛みが出ました。笑

 

最初は1~2セットくらいから始めて、徐々に徐々に増やしていくのが賢いやり方だと思います。

僕の場合は、完全にネガティブトレーニングをナメてましたので。笑