ベンチプレスをはじめ、胸トレをガンガンにこなした夜のこと。

ゴロンと横になっている時に感じたのが、”腰の疲労感、ダメージ感”です。

 

 

僕は最近、ベンチプレスで大胸筋を鍛える時、10~15回できるくらいの重量でセット数を多めにしています。

高重量で負荷をガツンとかけるのも筋肥大には効果的と言われていますが、重たい重量でいつもやろうとすると、関節が悲鳴を上げてしまうんですよね。汗

なので、中重量でセット数を意識しています。

 

最近あるものを飲みだしたおかげで、筋肉痛が普段よりだいぶ軽くなったんです。

HMBを体験した口コミ

 

なので調子に乗っていつもよりもセット数を多くしたんです。

 

  • ベンチプレス5セット
  • インクラインベンチプレス8セット
  • チェストプレス12セット

どの種目も10~15回が限界くらいの重さです。

 

胸トレなのに背中も筋肉痛

いい感じに効いた感覚があって、朝起きたら筋肉痛が出だしてました。

大胸筋はもちろんなんですが、背中も筋肉痛出てたんですよね。

 

主に脊柱起立筋のあたりです!

 

 

 

胸の筋トレで腰に痛み

ベンチプレスをする時、ブリッジのように背中を少し浮かせてアーチを作ると良いという情報は多いですよね。

それにより重量が挙げやすくはなりますが、背中の方にも負荷がかかるんですね。

 

大胸筋だけでは挙げられない時って自然と他の部位も使ってしまうものなんでしょうね。

いわゆるチーティングってやつで、懸垂の時に反動を使ったりするアレです!

 

上手く使えればいいけど、力づくで挙げようとすると負担がかかり過ぎて痛めてしまうこともあるようです。

 

幸い僕は腰痛が出るほどではありませんが、脊柱起立筋が筋肉痛になっているということは意識せずに、脊柱起立筋の周辺に負荷がかかっているということです。

少し間違えれば腰痛になってしまう可能性があるので気をつけたいところです。

 

腰に負担をかけない胸の筋トレ

ベンチプレスにせよチェストプレスにせよ、”足で踏ん張れないようにする”ことで腰への負担は減らせるみたいですね!

足で踏ん張らないと、背中のアーチは作れませんので胸だけで挙げるしかありません。

 

ただ、足の踏ん張りを止めたら止めたで肩に負担が掛かる可能性があるので、フォームはきっちりと意識したいところです!

僕の目的は、”重量を挙げることではなく、筋肉をデカくすること”ですので、重量が軽くて済むならケガのリスクも減るし、むしろ都合がいいです。

 

まあ正直、「○○kg挙げる!」という数字的な目標を追うのもシンプルでモチベーションも高くなりやすい部分もありますし、憧れます。笑

でも、ケガは精神的にもツライですからね。。。

 

 

そういえば、行きつけの市民ジムに格闘家みたいな体つきのブラジル人がいまして、ちょいちょい話したりするんですが、こんなこと言ってました。

「昔、ベンチプレスで肩を痛めちゃって、2年も筋トレ出来なかったよ。」って。

 

やっぱりね、ケガは避けたいですね!!