「ベンチプレスが伸びないよー、わーーん(´Д⊂ヽ」

となっていたのが、9月中旬のこと。

 

バーベルベンチ60kg 8回3セットを目標としていたけど、全然達成できなかった。

 

それから1ヶ月ちょっとで、70kg 5×5が出来るようになり、

ベンチプレス60kg10発3セットもスッとこなせるようになった!

 

9月中旬はマジで挙がらない~と悔しい思いをしていたので、すこぶる気分がいい!

 

大胸筋弱いマンが成長出来た3つの要素

80kgくらいまでは誰でもズンズン伸びていくという意見もありますが、そうではなく伸び悩んでいる人がいるのも事実。

ってことで、胸が弱いマンである私が振り返って感じる要素を記しておきたいと思います。

 

全部かなり重要ですが、個人的に要素として大きいと思う順に書いてます。

 

ベンチプレス系の動画でフォームを学んだ

『ただしいフォームで、ケガを予防しながら胸にしっかり効かせる』

「とりあえずコレが大事でしょ!」ってことで色々動画を見ました。

 

もともとフィットネス動画は見てましたが、”ベンチプレスのフォームを良くする”という課題を持って見ることで新たな発見がありまくります。

 

個人的にオススメなのはもちろん、Sho Fitnessさんのベンチプレス解説動画。

わかりやすさが神がかってます。

 

それから、Kanekin Fitnessさんの動画にパワーリフター渋谷さんが出てる回も最高です。

三土手大介さん同様、トップクラスのパワーリフターの方は説明が丁寧でめちゃくちゃ分かりやすいです。

それに、渋谷さんの「ブレない強さ、謙虚さ、人当たりのよさそうな笑顔」が超絶かっこいいです!憧れるぅ!

 

胸トレの頻度を増やした

前々から胸トレは週2でやりたい気持ちはあったんですが、いかんせん筋肉痛の治りが悪くてルーティン的に組み込めてなかったんです。

週2で胸トレが出来るようになってきたのは、10月入ってからです。

 

食事内容(PFCバランス)の見直し

それまでは、タンパク質の量が「体重の1.5~2倍g/1日」くらいでした。

※もちろん、毎日カロリーオーバーはしている状態。

 

メモを見返してみたら、1.5倍gよりの日の方が多かったです。

タンパク質の量を増やしたての頃は胃腸に疲れが出やすいので、どうしても体重の1.5倍gよりになってしまっていたんですよね。

 

それからは、体重の2倍gを最低水準としています。

これが筋肉痛の治りに関連しているのだと思いますね!

 

ただ、筋肉痛からの回復は、

  • 胸トレ慣れ
  • 疲労回復のその他の取り組み(ストレッチやサウナ、睡眠時間など)

という要素も関わっていると思います。

 

まとめ

まとめると、

  • ベンチプレスの解説動画を何度も何度も見る
  • タンパク質を増やす
  • 疲労回復の取り組みは出来るのは全部やる
  • それから、胸トレの頻度をあげる

という流れが、胸の弱い自分がベンチプレスが伸びてきた理由かなと思います!