以前の記事でも、GACKTの愛用サプリって感じで取り上げた筋肉サプリ「メタルマッスルHMB」ですが、副作用を気にしている方が多いようです。

 

結論から言うと、用法容量を守っていれば、副作用は気にしなくてOK!だと思ってます。

 

そもそも副作用って薬を服用した時に出るものですからね!

Wikipediaによると、

副作用 (ふくさよう、英: side effect) とは、医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般を指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8

医薬品の使用に伴って~と書いてあります。

 

HMBはアミノ酸の代謝物ですし、メタルマッスルhmbはサプリメント(健康補助食品)です。

なので、副作用は無いし、それを気にする必要もないのです!

 


筋肉サプリ

 

HMBって何ぞや?

副作用を気にする前に知っておきたいのが、HMBっていうものが何か?ってことです。

 

HMBは、ロイシン(分岐鎖アミノ酸の一種)が代謝することで生成される物質です。

言ってみたら、”たんぱく質の最終形態の一つ”みたいなものです。何か強そう。笑

 

なので、プロテインを飲もうが、鳥のささ身を山ほど食おうが、最終的にはHMBは生成されるってことになります。あくまで自然的な栄養素なので、用法用量さえ守っていれば副作用の心配はいりません。

 

肝臓に負担かからない?

僕は昔、肝臓の数値がおかしくなったことがあります。相当前なんですが、筋トレや栄養に関する知識が全然無い頃です。

しょぼい筋トレしかせずに、プロテインだけ飲んでいれば筋肉がつくと思い込んで、ガブガブとプロテインを飲んでいた時期があります。

(しょぼい筋トレ=自重筋トレで回数少しで1セットだけみたいなやつ)

 

で、健康診断の血液検査で、ドクターが「肝臓の数値がオカシイよ」って話になって、生活習慣を省みたら、プロテイン飲みすぎじゃね?ってなったんです。

 

実際に、プロテインの飲み過ぎと肝臓の数値の因果関係はハッキリはしていません。

たんぱく質を分解する器官は、胃→すい臓→小腸なので肝臓は正直関わってないんですよね。

 

それに、厚生労働省の発表では、たんぱく質の過剰摂取による健康被害は無いって話ですから、摂り過ぎによる害は気にしなくてもいいレベルの話になっています。

関連記事:タンパク質の摂り過ぎが心配

 

でも、”過ぎたるは及ばざるが如し”って格言もあるので、適量は必ずあり、越えないほうが良いラインってのは絶対にあると個人的には思っています。

 

HMBって大丈夫なの?

メタルマッスルHMBで得られる効果をプロテインで換算すると、実に20杯分なんだそうです。

 

じゃあ多めに飲めば良いんじゃん!ってのは違います。

たんぱく質って消化して分解するのに、かなりの時間とエネルギーを使います。

 

まず、

プロテイン(たんぱく質)

ペプタン(ペプトン)

ポリペプチド

アミノ酸

って感じで、分解されていくみたいです。

 

プロテインでもこれだけの段階を経てアミノ酸に分解されるので、当然のことながら、時間とエネルギーがかかります。4段階ですからね!

 

プロテイン20杯とか飲んだ日には、消化にエネルギー取られすぎて、ダルいったらありゃしない。。。(個人の感想です。)

 

 

んで、HMBってのは、アミノ酸の中の一種である分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)の一つのロイシンの代謝物です。

ロイシンは、かの有名なBCAAの一つです!

 

プロテインがここまで分解されるまでの道のりは短くないです。なので、「メタルマッスルHMBは、消化分解の手間を極力省いている」と言えます。

 

ただし、最小単位まで分解された状態なので、飲み方はしっかりとしないと狙う効果が得られない可能性はあります。

 

”体に吸収されるまでの猶予は短い”ですので、しっかりと効果が発揮される飲み方をする。』

というのが、何よりも大事になってきます!

 

 

長くなってしまいましたが、副作用に関しては「用法用量を守る」ことで心配いりません。

そして、効果を最大限に発揮するためには、推奨の時期に摂取することは何より大事です!

 

筋トレの効果が目に見えると、筋トレが日々の習慣になります。

楽しいし、やらないと気が済まないって状態になります!笑

 

そうすると、ちょっと筋肉が付いただけでは満足できなくなり、運動してない人が思わず憧れるレベルの肉体に近づいていくんです。

これは、マジです。やってる本人は意外と気づかないんですが。笑

 

 

”続けてることで、周りから見たらかなりの違いになっている”ってことはよくあることです!

夏にそれ(憧れの眼差し)を味わうには、今ぐらいがちょうどいいタイミングです!