バルクアップ!と鼻息荒くして食事量を増やしてきて(体重の変化のまとめ 約7ヶ月間)、

色々と思うところがあるんですよね。

 

それは、食べた後は頭がボーッとする。体が重い。など。

 

寝起きもそうだし、日中も頭がボンヤリとすることが多くて、

なんだか脳内に霧がかかっているような感覚になることが多くて何かイヤだなぁって思っていたんです。

 

口内炎とかも出来やすくなる気がします。

【関連記事】治らない口内炎にサヨナラ。なる早で治すための3つの極意

 

消化には多くのエネルギーが必要

一日一食とかファスティングって結構流行っていますよね。

あれって要は、消化にはめっちゃエネルギー使うから必要以上に食べるのやめようぜ!

ってことなんだってことを知りました。

 

「消化に使うエネルギーは、フルマラソン相当」

なんですって!

これはスゴイ。

注)フルマラソンを走る時に消費されるカロリーと同じなのではなく、フルマラソン相当のエネルギーが必要なくらい重労働という意味です。

 

いつの間にやらエネルギーを無駄使いしていた件

食べるもの、量にもよりますが、

フルマラソン級のエネルギーが必要な状況が1日に3回もあるんです。

これは衝撃的です。

 

だから眠気に襲われたり、頭がボンヤリしたりするわけです。エネルギー不足で!

結果、仕事の能率はダダ下がりです。

 

タモリさんが27時間テレビを務めきれたワケ

タモリさんがかつて27時間テレビで司会をされたとき、食事を一切摂らなかったという話は有名です。

それは、このこと(消化には膨大なエネルギーを使う)を知っていたからなんですね!

 

そして、食事を一切摂らずに見事27時間テレビの司会を務めきったわけです。

 

当時のタモリさんの年齢、ご存知です?

なんと、66歳

 

空腹時は集中力が高まる?!

ご飯も食べずに集中することってあると思います。

あれは取り組んでいるものにハマっているってのもあるけど、

消化にエネルギーを使っていない分、集中力が高まっているって考えると合点がいきます。

 

このように、消化にエネルギーを使っていない状態は、”使えるエネルギーが多い”と言えます。

なので、集中したい時はあえて空腹状態を作っておくのも悪くないかも!?

 

まとめ

胃腸が強くて、消化が負担に感じにくいタイプの人も中にはいますが、食べすぎてしんどい思いをしたことは誰しもあると思います。

消化が膨大なエネルギーを必要としていて、いかに体の負担になっているのかということを頭の片隅にでも置いておき、

いざという場面の時に、フルパワーのエネルギーを発揮できるようにしたいものです!